FC2ブログ
平成24年からトラップ射撃を始める。が、なかなか上達しません。ので、いろいろ試行錯誤の結果をメモしたブログです。参考にならないかもしれないので自己責任で活用ください。素人が書いてますのでご理解ください。
訪問ありがとうございます

現在の閲覧者数:
情報

トラップ射撃実戦訓



<
以下ブログランキング
射撃競技 ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
おすすめ
公式200個の大会参加してきました。
初めてAクラスでエントリーしたわけですけど、
なんか、変な緊張がありました。
やれることは全部出し切ろうと思ったんですが・・・。
8番セットで曇りで肌寒く、風なし、少し皿が見えない感じでした。
スコアは、1日目18、17、20、21の76、2日目19、16、22、24の81。
1R目がキーですね。2R目は1R目を引きずる悪い形。
ふっきって撃てばいいものを、自分にプレッシャーをかけてしまっているんでしょうか?
苦手な皿に、銃を添えて撃ってしまうんですねえ。
よーく狙って狙って狙ってドーン。
逆に、スイングスピード速すぎでしょって、後矢狙えんしょってなって
苦しい射撃となってしまいました。

技術的には、リズムがバラバラ、銃の立ち上がりが早かったり、遅かったり。
自分のリズムを見失ってしまいました。
右の皿に追いつかない、銃が止まる、回転しない。
スタンスいじったりして後半修正出来たんですが、もう少し撃ち込まないと安定しないような。
微角の皿に対して銃が遅れてる。目が皿に行って、銃がそおとお遅れてから来る。
「あれえ、皿って分かったら引き金引くはずなんだけど?」って考えてるんですよねえ。
(これは自分の感覚ですけどね。)
まあ、修行が足りないんです。
自分の悪いところがでちゃいました。、銃を抑えようとしすぎてスイングもゆるーくしちゃう。
どうせ中らないなら思い切って行こうって撃ったら意外と良かったりで・・・。
思い切り良くいきましょうってことですね。
自分から崩れてしまうんですよねえ。メンタル弱いっていうか。経験値が低いというか。
反省してるのに何回同じこと繰り返してるんだろう?
練習あるのみです。
スポンサーサイト



2015/06/29 11:47 メンタル TB(0) CM(0)
FIOCCHIのゴールデントラップ初めて撃ったんですよ。
早速感想を書いておこうと思いまして・・・。
いい装弾ですねえ。ショックなく割れ方もいいですねえ。
今まで撃った弾ではショックがない弾でした。
撃ってる感じは弾速はAAより早いよなあって撃ってたんですよ。
ただ、オフィシャルみたいに軽くて遅いのかなあって感じだからどっちだ?ってことで
ちょっと調べてみました。
社長にも割れ方見てもらいましたけど、弾の密度が濃い割れ方をしていた感じです。
だから後矢もちゃんと割れるんですよねえ。
てなわけで、弾速チェックしてみました。

よく使われているであろう、自分が撃ったことのある装弾です。
※ウィンチェスターAA 弾速1325fps(単純計算で403.86m/s)
※ウィンチェスター1350 弾速1350fps(411.48m/s)
※KEMEN 弾速1325fps(403.86m/s)
ダイセルのホームページではAAは410m/sって書いてあるんですけどね・・・。
オーストラリアでは1350を撃って来ましたが、ショックが固い感じでした。

続きましてB&Pです。
※B&P CompeのOne 弾速415m/s(500BAR)
※B&P F2Legend 弾速415m/s(500BAR)
※B&P F2-4TRAP 弾速415m/s(530BAR)
※B&P F2FLASH  弾速415m/s(540BAR)
まあ弾速の違いは無かったのですが、BARとかコーティングとかアンチモン含有であったりいろいろ違いがあるようです。
このほかに125周年の弾がありましたが、いい弾でしたね。価格も良かったとおもいますけど・・・。

続きまして、最近ようやく日本でも見かけるメーカーNSIです。
ノベルスポーツイタリアです。
世界選手権やらオリンピックでも数多くのメダリストが出ています。
※NSI DUE 弾速1319fps(単純計算で402.03m/s)
※NSI QUATTRO 弾速1329fps(405.07m/s)
日本ではここまでしか売っていないのだと思われますが
撃った感じはちょっとカツンって来るでしょうか?
KEMENに近いかなあ。
この上にプレミアムってのがあって
これがメダリストがたくさん使ってますよ。
ちなみに、プレミアムの弾速は1410fps(429m/s)で、撃ってみたいなあ。
ここのパウダーをRCが使ってるはずです。
このプレミアムが日本で使えるようになったらいいのにって感じです。

で、NSパウダーを使うRCですが・・・。
※RC2 弾速412m/s(620BAR)
※RC4 弾速426m/s(660BAR)
※RC4 RED SHOT 弾速415m/s(590BAR)
最近RED SHOT使う方を見ますねえ。弾速早いがショックが軽いってことですね。
でも、レッドショットはショックがドンっていううかトンって感じがあるかなあ。
世界のトップも使うRCで、この価格?ってことで多く使われているのだと思います。
社長曰く、世界のどこでも売っているのがいいって、ただ、火薬が変わるから・・・。
安心と信頼がってことでしょうか?

続いて、FIOCCHIです。
※TT Two 弾速(405m/s)
※Official Trap 弾速1315fps(単純計算で400.81m/s、HPで400m/s、ダイセルのHPでは410m/s)
そして、
※Golden Trap 弾速1315fps(単純計算で400.81m/s、HPで400m/s)
アンチモン含有がオフィシャルで3%、ゴールデンで5%。この違いは大きいですね。
なんといっても、ゴールデンは私が撃った中でも一番ショックが軽いのでストレスがない弾です。
そして、ゴールデントラップは価格も最強で高級装弾ってことですが
メーカー自体も自信たっぷり高くても売れるってことでしょう。

そして
※GB PRIUS。
最近、撃つことが出来た弾です。
弾速420m/sで早い、広がりのいい弾なのかなって思います。
ショック強くて割れ方も良かったイメージがあります。
どうでもいいけどパッケージが地味すぎます。

最後に、日本の装弾です。
アポロスペシャル 弾速430m/s
ナイキ 弾速420m/s
アスカ 弾速415m/s
スリリング 弾速415m/s
アポロスペシャルはRC4の弾速を超えてるわけです。
パターンの広がりは最強かもしれません。
早撃ちの人はいいかもしれないですね。
ショックはドスンって重たく、流石早い弾だけにってことです。
遅撃ちの自分は後矢のかかりが悪いかなあ?

自分が撃ったことのある弾はこんな感じでございます。
各装弾メーカーの海外ホームページ見たんですけどだんだん調べるの飽きてきちゃって・・・。
参考程度ですからね。これが絶対ってのがないのが射撃で自分で探すのが楽しいんです。
ゴールデントラップから調べてたんですけど、各社、弾速よりコロンを選択しているって感じ。
アンチモンの含有量も多くしている、コーティングもちゃんとしているのは価格が高い。
早ければいいってもんでもないってことでしょうけど、RC4とゴールデンで約7%弾速差があるんだよなあ。
まあ、自分は何を撃っても変わんないでしょうけど・・・。
速さよりパターン&コロンをどのメーカーも重要視してきてるのかと。
RCも弾速落としたREDSHOTが出て、B&Pも10BAR落としたF2-4を出してきたし。
選択は鉄砲との相性や、ショックの好みだったり、自分は価格が大事だと思うんです。
安くて、良いのが一番ですからねえ。
長くなりましたが、練習あるのみです。
2015/06/23 16:14 装弾 TB(0) CM(0)
21日(日)、国体予選大会に行きました。
1番セットでございます。
結果は、20、22、20、21で微妙な感じ。
苦手な皿があると、苦手な皿の出る射台を意識しておかしくなります。
師匠からも意識したらだめだってご指摘を受けるわけでして。
まあ、見てたらバレてしまってるんだろなあ。
これからのキーワードはこの言葉ですね。
苦手な皿はありますか?意識してますか?
これが「ありません」ってなるくらい練習あるのみです。

22点で止めろって言われて20点で止める射撃をしている。
苦しいゲーム内容となっています。
はずしてるのも前半で2枚、中盤で3枚、それで踏ん張る。
後半入る前で2枚くらいで行くのがいんだけどなあ。
なんだかなあって感じです。
これが実力ってことですけど・・・。

イメージは大切なんですけど、悪いイメージが先にいくといかんです。
ここらをどう対応するか?
練習あるのみです。
2015/06/22 10:00 メンタル TB(0) CM(0)
今年の目標は、Aクラスで初段をとること。
とりあえずではありますがクリアしました。
結局のところ、実力というより、うまくいった感じの、「運」。
何回90点以上出せるかでございます。
よって、次は93点のAAを目標といたします。

ホームで大会いたしましたが、うーんって感じ
ローカル大会ではあったのですが、集中して撃とうとはしたものの
もう皿に照星を添えちゃうは、体が突っ込むで点数にならんのです。
結果20、18、22、22の82点。
22点を切らない射撃をしろって師匠に言われてるのに、
こんなことしてたら、いかんですね。

師匠にAを撃ったからって「後ろを気にするな」って
自分の世界にはいるようにということでご指導いただきました。
どこかに、90撃ったことによる影響が必ず出るということでしょうか?
公式でどんなことになるのか?興味がありますねえ。

次は21日の国体予選会です。
今の調子は若干下がり気味ですが、やるだけやって経験値を上げたいと思います。
練習あるのみです。
2015/06/16 09:46 未分類 TB(0) CM(0)
ようやく、90オーバー撃てました。
今シーズンの目標にしていたことがひとつ達成できました。
結果、23、21、25、23の92、ホントのところAA狙ってたんですけど、
これが実力だと思うしかないです。
内容は、
200個公式で寝不足状態で、最初の入り方で決ると思って1R目入りました。
1R目、中盤でストレートと微角でリズムが違ったんですよ。
低いストレートでギッコンバッタンで上撃ってしまいまして、
左の微角は、狙って銃が止まってしまって、
その後は、2の矢にも助けられて23。
2R目、完全に1R目を引きずって、同じ射台の右45度まではずし始めます。
ストレートは、はずさなくなったのでOK、右は上を撃ってるなあって感じで、全体的に上に着弾、結果21。
2の矢が10発で中ったのが6発で多いなあって話してたら、
きちんと撃ってるから2の矢も中るんだって教えてもらってから気持ちが楽になりました。
右のはずしたのが中ればいけるって感じで、
3R目、皿の下に入ればいけると思ってまして、撃ちますが序盤は2の矢に助けられます。
右の調子の悪い皿が序盤に出てくれて皿の組み合わせが良かった、結果25。
4R目、21で90ですが、21狙ったら危ないなあってことで、AA狙いの24を目標設定。
序盤に1枚右を抜いてしまって、中盤ストレートを抜いてしまってAA残念、残り10枚で2枚しか抜けないんだあって
思って15枚撃ち終わってスコア見たら、アレ?って残り5枚でしょって?数え間違いしてました。
淡々と撃ちすぎて、間違えしちゃって気持ちが楽になってそのままあがって、23で終了。

完全に運が良かった感じもしてますが、どうでもいいんです。
皿の組み合わせは、巡り合わせもあるって教えてもらってたから、これも射撃なんです。
ホントにいろいろな人にいろいろ教えてもらって、助けてもらって、ようやくって感じです。

考えてみると自分がラッキーなのは、上級射手が常に射撃場で自分の射撃をみていること。
射撃のことを自分より絶対分かってる人たちが沢山いて、はずれ出したら見てくれること。
銃の出足、追い出し、リズム、なんで目玉、団子にしたか?その原因。
こうなったら、これを試せとか、引出しをたくさん教えてくれたり、それが自分のチェックポイントになったり。
ゲームの流れ、作り方まで、ホントにありがたい話です。
銃のスペック、弾のこと、靴のことから、服のことまでいろいろ話しさせてもらって。

師匠は、技術は教えるの下手だからっていうけど、ホントに理解に苦しむときがあるんですよね。
でも、メンタル面を教えてくれるのはピカイチです。
社長は、技術を教えるのはピカイチで、何でこうなるのかっていう原因を探してくれる。
もっとこうしたほうがいいとか、世界の射撃のこととかいろいろ。
練習の仕方とかいろいろ教えてくれる。
射撃場の先輩は、経験からくる技術的な引き出しをいっぱい教えてくれる。
ありがたいですよ、感謝感謝です。
師匠の鉄砲もらって、日クレ入って3年。
師匠の鉄砲で3年以内に90以上撃つことと国体に持っていくことが目標だったのでどうにかクリアしました。
これで出来なかったらやめようって思ってたんで、これで続けられます。
ちょっと疲れがきてるんで、ピリピリしないでワキアイアイ撃ちたいですねえ。

で、2日目は、16、16、22、22の76でしたあ。
92撃った人が76はないでしょって関東の方に言われちゃいました。
いろいろありまして、ちょっと引きずりました。
でも気持ちを切り替えてからは、よくなったと思います。
次回に繋がる射撃ができました。
技術的には、お皿が見えんくて、ちょっと狙ったかんじですかね。
反省です。
練習あるのみです。
2015/06/09 10:22 未分類 TB(0) CM(4)
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
プロフィール

のんこんのさん

Author:のんこんのさん
FC2ブログへようこそ!