平成24年からトラップ射撃を始める。が、なかなか上達しません。ので、いろいろ試行錯誤の結果をメモしたブログです。参考にならないかもしれないので自己責任で活用ください。素人が書いてますのでご理解ください。
訪問ありがとうございます

現在の閲覧者数:
情報

トラップ射撃実戦訓



<
以下ブログランキング
射撃競技 ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
おすすめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
昔の資料を見ていましたら
ISSFのHPでマイケルダイヤモンドの資料が出てきました。
今の自分スタンスは自然体で立つことを心がけています。
初心に戻ってみたいと思いまして・・・。
資料を見ていました。
昔のようにきっちりコレって決めて立ってみようかなってことでして、
資料には、バランスの取れた安定した姿勢をとるためにスタンスを決めるとあります。
まあ、撃って後ろにいってバランス崩すことはありませんのでスルーです。
その次、目標(取り位置)を考慮し移動範囲を考慮する。
かかとで、15センチ開ける。つま先は姿勢により好みで決定するが・・・。
トラップに対して直角にすればするほど前傾を制御するが腰が体の回転に巻き込まれる。
そしてあみ出された基本スタンスが題して40˚ Standard Foot Position。
おそらく、ISSFのHPに出てくると思いますので、貼り付けて検索してみてください。
なんだかよく分からんって時には、どこに戻るか?
自分はコレに戻るしかありません。
単純に40度に足を開いて、重心をその中に入れるってものです。
上級者の皆様は、自分のスタンスをあみ出されていて、いろいろありすぎて
どれが自分にあっているかは分かりませんという方もいらっしゃるかなと思います。
スタンスで回転を補っているとおもわれますので・・・。
いろいろやりすぎて、どこに戻すか?ってことで自分はこれを試してみたいと思います。
練習あるのみです。
スポンサーサイト
2015/07/02 14:09 射撃の下半身 TB(0) CM(0)
自分の考えがこれでいいのか?
悩んで、もやもやが残ったまま練習していることが多いのですが
結局、これが一番中るからこれでいこうって自己完結するわけです。
自己完結でも「正しいのか?」って悩むわけで、聞く勇気も上達には必要と感じてます。
これで、絶対というのは射撃には存在しない。
中ってなんぼの世界なわけです。
しかし、指導してくれる方がいれば変わるのですよ。
ホントありがたいものです。
それで、変化が見られれば突き進むことができるんですよね。
経験、理論、結果に基づくアドバイスなので変化がないことはまずないです。
あとは、自分でその度合いを調整していくだけで完結する。

で、週末も練習してきました。
どうも、右の回転幅が少ない。
で社長からアドバイスをもらいました。
おそらく、軸ブレ体が右に行ってしまったスエーです。
スタンスがそうさせていたんです。
アドバイスで5センチ右足をずらしたんですけどこれで十分回るようにりました。
感触がいいので横回転軸はこのまましばらくいきたいと思います。
これで重心とスタンスは決まりました。
ほんといつも社長ありがとうございます。

あとは、リフトと上半身ですね。
ストレートで低いの中るのに、高いの中らんとか中っても上のほう撃ってるとか
いろいろ出てくるんですよねえ。
なんとなくでやってきたんですけど、ストレートって基本なので体の動きをちゃんと覚えないと
いけないなと思っております。
イメージはできてるんですけど、なかなかうまくいかんのです。
同じ狙点で撃ってるつもりなんですけど、上撃つんですねえ。
体で覚えるしかないですね。
右肩上げたり、下げたりとかいろいろやってるんですけどねえ。
今度、ストレートの高いの低いの撃っていろいろやってみます。
練習あるのみです。
2014/08/18 14:17 射撃の下半身 TB(0) CM(0)
大会も今シーズンほぼ終了で、
鉄砲を掃除しないとなあって考えております。
気持ちも高揚せず、たまに練習いこうってな感じでございます。
でも、練習に行けば必ず疑問点が出てくるわけでございまして、
今回は、始動について疑問が出てしまいました。

自分は基本的に、腰の始動からはじめると考えております。
銃の稼動域を考えた場合、上半身だけを動かしても腰が回らなければ
自分には皿に届かないんですよねえ。
皿がビューって出て、すぐにドーンって撃つことができれば関係ないのでしょうけど
自分にはその技量はありません。
で、今の始動となっているわけですけど、これが膝から始動という考え方もある
ということでございます。
スエーしないかな?ってなるんですけど
軸がそこにあるってことなのですかね。
送りがうまく出来るんでしょうね。
ゆっくり送り出しが出来るような感じはしますけど・・・。

ゴルフは、ボールの当たったあとが最大のスイングスピードのイメージが大切ですって
どこかの参考書で読んだ記憶がございます。
射撃も、銃の送り出しがゆったりとしていれば、
あとは加速していくだけですので考え方は似ているのかな?
ショットの瞬間はスイングスピードが上がっているのが大事ですからね。
イメージしやすいかも。

今度、腰ではなく、膝始動で試してみます。

2013/10/15 17:15 射撃の下半身 TB(0) CM(0)
以前から、レッドウィングのブーツを履いておりましたが
とある方からご指摘を受けておりました。
「それじゃあだめだあ」って
「ぺったんこ」の靴にしろって
何がいけないか?

まず、かかとがあると前につんのめった射撃になる
もうひとつ、地面を感じることによって自分のブレを実感できる

ブレを実感できることがいいんですよお
撃った後に重心が後ろに行ってしまったり
スイングで外に重心が行ってしまったり

これを感じて直していくんです。

最初はペッたんこの靴はきませんか?
2012/12/04 17:37 射撃の下半身 TB(0) CM(0)
射撃におけるリズムはとても大切ですね。
NHKの0.6秒の世界でも
中山選手の心臓の鼓動がいつも同じタイミングでコール
して、皿を打ち落とすと説明されていました。
ルーティーンもいっしょです。

で、今回思ったことは、自分の場合リズムは下半身から
ということです。
簡単に言うと、やわらかくすることによって、リズムができる。
ひざを伸ばすか伸ばさないかは自由でいいと思うんです。
その人、その人の考え方ですから。

棒立ちで歩くと体の一体感が生まれますが・・・。
ぎこちなくなる。
ひざを使って歩くとやわらかさが生まれる。
すらっとしたモデルのウォーキングはやわらかくリズムがある。
下半身がやわらかく、そして、頭がぶれない。
これが、理想ですね。

下半身を使いすぎると銃の動きに波を起こす可能性があります。
重心移動やスエーを起こしやすいので要注意です。

ひざを伸ばしきって撃っている方は上体がそっています。
人間の体はバランスをとるため、重心を前に持っていこうとすると
体をそらないと倒れてしまいますから。
胸を張って背骨がぴっとしてます。
2012/09/20 16:25 射撃の下半身 TB(0) CM(0)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
プロフィール

のんこんのさん

Author:のんこんのさん
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。